映画を語ろう!お話シネマ

岡山に活動拠点を置く映画サークルです。 映画を愛している人なら誰でも参加することが出来ます。

7月例会のお知らせ

2018
18
6月例会のお知らせが遅くなってすみません。
私たちのサークルでは、テーマ作品はシネマ・クレール2作品とシネコン1作品と決めているのですが、今回シネコンでは意見が分かれました。

シネコン作品は、やはり21年ぶりにカンヌ・パルムドームを獲った「万引き家族」という結果になったのですが、池井戸潤原作の社会派作品「空飛ぶタイヤ」や、今年一番泣ける映画と言われている「ワンダー 君は太陽」を推す声もありました。できたら、その作品についても、今度の例会で話題にしたいと思います。

7月の例会案内とテーマ作品
 「万引き家族」はすでに公開済みですがヒット中なので、間違いなく例会当日までは上映しているはずです。あとの2作品は6月23日「男と女の観覧車」30日「海を駆ける」と、シネマ・クレールで公開される予定です。

万引き家族
(C) 2018『万引き家族』 製作委員会
      日時 7月8日(日) 14:00ー17:00
    場所 さんかく岡山ミーティングルーム
 
   
【追記】17日の投稿では5月13日と間違った日にちを書いていました。申し訳ありません。訂正しました。  
   
     さんかく岡山・マップ

 
            ~ 7月テーマ作品 ~ 


■「万引き家族」
治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は万引きを終えた帰り道で、寒さに震えるじゅり(佐々木みゆ)を見掛け家に連れて帰る。見ず知らずの子供と帰ってきた夫に困惑する信代(安藤サクラ)は、傷だらけの彼女を見て世話をすることにする。信代の妹の亜紀(松岡茉優)を含めた一家は、初枝(樹木希林)の年金を頼りに生活していたが……。『誰も知らない』『そして父になる』などの是枝裕和監督による人間ドラマ。親の年金を不正に受給していた家族が逮捕された事件に着想を得たという物語が展開する。今年のカンヌ・パルムドール受賞。
公式サイト:http://gaga.ne.jp/manbiki-kazoku/


女と男の観覧車
(C) 2017 GRAVIER PRODUCTIONS, INC
■「女と男の観覧車」
1950年代のコニーアイランド。遊園地のレストランでウエイトレスとして働く元女優のジニー(ケイト・ウィンスレット)は、再婚同士の夫と自分の連れ子と一緒に、観覧車の見える部屋に住んでいた。平凡な日々に幻滅し、海岸で監視員のアルバイトをしている脚本家志望のミッキー(ジャスティン・ティンバーレイク)とひそかに交際するジニーだったが、ある日久しく連絡がなかった夫の娘が現われたことで歯車が狂い始め……。オスカーの常連ウディ・アレンが監督を務めた人間ドラマ。1950年代のアメリカを舞台に、男女の恋と欲望、人生の切なさが描かれる。3度のオスカーに輝き、『カフェ・ソサエティ』でもアレン監督と組んだヴィットリオ・ストラーロが撮影を担当した。
公式サイト:http://www.longride.jp/kanransya-movie/


海を駆ける
(C) 2018「海を駆ける」製作委員会
■「海を駆ける」
貴子(鶴田真由)は息子のタカシ(太賀)とインドネシアに移住し、 NPO法人で災害復興の仕事に就いていた。ある日、貴子の自宅で息子の同級生クリス(アディパティ・ドルケン)と、その幼なじみでジャーナリストを目指しているイルマ(セカール・サリ)が取材を行っていたところ、身元不明の日本人らしき男性が見つかったという連絡が来て……。『淵に立つ』などの深田晃司監督と『結婚』などのディーン・フジオカが組み、インドネシアを舞台につづるファンタジードラマ。2004年の地震による大津波で大きな被害を受けたスマトラ島でロケを行い、海からやって来た不思議な男が起こす奇跡を描く。
公式サイト:http://umikake.jp/

【作品情報引用元】シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/

 初めての参加ご希望の方は、ご遠慮なく下記までご一報ください。
映画を愛している人なら大歓迎です♪ 

101シネマネット「お話シネマ」事務局
cinet_101_ohanashi@yahoo.co.jp 

※メール管理者が多忙のため返信が遅れる場合があります。 

 ツイッター ID → 101_ohanashi(お話シネマ) 

※ツイッターのDMからもご一報頂ければ嬉しく思います。

当会のメアドに 「映画が好きなのですが・・・」「例会に参加したいのですが・・・」等、度々お問い合わせのメールを頂いています。映画が好きな方は大歓迎ですのでどうぞご遠慮なくご一報下さい(^-^)/  たくさんのご参加をお待ちしています☆ 

※当会は営利目的の団体ではありません。


note by お話シネマ
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment